魔女旅に出る

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんぺを履いてゆくよ。

私の結婚相手は花農家なので、毎日地下足袋と農作業着で畑に行き、おにぎりを食べて赤い土まみれになって帰ってきます。

そんな私も、気が向いたらもんぺを履き、姉さん被りで畑のお手伝いをしたり、炊事係をしたりと面白おかしく生活をしています。

三歳の娘がいるのですが、これがまたおにぎりと畑が大好きな絵に描いたような田舎っぺで、いつも米粒と赤土まみれになって畑を駆けまわっています。

そんな娘に、もんぺを履かせてやりたいという気持ちがどうにも止まらなそうだったので遂に購入してみました。

 

f:id:poesiamaretto:20170320160112j:image

 

包装されたままだとよく分かりませんね。

 

f:id:poesiamaretto:20170320161437j:image

 

 

とてもいい感じです。

じぃじ、ばぁばが大喜びでした。

本人も、ばぁばや母と同じもんぺを履けて嬉しいようです。

 

この格好で某コープなどへ買い物に行くと、知らないおばあちゃんたちが顔をほころばせながら「今から畑に行くの?」と、声をかけてくれます。

娘の野良仕事の内容は主にみんなに飲み物を振る舞うことですが、よくやってくれています。

 

これから先成長して島を離れる時が来るでしょうが、みんなの働く姿を思い出し勤労の尊さを心で感じてくれたらなぁ、と思います。