魔女旅に出る

文化的回帰

久しぶりに、娘の大好きなロッタちゃんのDVDを観ています。



ロッタちゃんのおしゃまでマイペースなところに共感するのか、一度観せてからずーっとお気に入りのようです。

かんしゃくを起こしているシーンや、チクチクするセーターをハサミでめちゃくちゃにするシーンでは、見てはいけないものを見てしまったような顔をして呆然としています。

私も昔は悪いこと沢山したなぁ。

リカちゃん人形の髪を切ったり、母のドレッサーのファンデーションを顔中にはたいてみたり。

せっかく買ってもらった いちご天使 という謎のキャラの便箋を、購入後に薄気味悪く感じてソファーの後ろに隠したり…


私も娘も映画鑑賞が大好きで、色々借りてみたり購入したりしていますが、娘がいちばん好きな映画は今のところネバーエンディングストーリーらしいです。

かの有名な、原作者エンデが激怒した第一作のアレです。

娘はとにかくファルコンが大好き。
アルタクスが悲しみの沼に沈むシーンでは『かわいそうね…』と心を痛めています。

幼心の君がつけている髪飾り?が欲しいと言うので、ビーズで再現してみましたが頭が大きすぎて入らないというオチでした。

一緒に観て思ったのですが、ネバーエンディングストーリーは私も大好きな映画なので、共に楽しめてとても幸せ。

80年代のものは、音楽にしろ映画にしろ漫画にしろホッとできる何かがあるので大好きです。

初めて知ったものでも、何故か既視感があります。

80年代といいますと私が産まれたてホヤホヤの頃ですが、フィルター越しの空気みたいなものに見覚えがあるというか…鮭やマスが生まれ故郷の川に帰ってきた時に感じる気持ちってこんなかな?と思います。
母川回帰ならぬ、文化的回帰?

私が産まれる以前のものでも、懐かしいんです。

現代カルチャーも好きですが、なぜこうもうんと昔のものを愛してしまうんでしょうね。

好きでたまらないものは、大抵80年代に才能が花開いた人の作った作品なので。

娘も、現代のカルチャーを憧憬して生きていくのかな?

もう少し大きくなったら、エンデの作品やロッタちゃんの原作も読んでほしいなぁ。

絵本の読み聞かせを頑張ろう。