魔女旅に出る

ローランサンと娘。


娘は水彩画が大好き。道具は全て百均の安物ですが、自分で構図を決め、色を重ね、白い空間が色で埋めつくされていくのが面白いようです。
幼子の表現力は、自由そのもので素晴らしいですよね。
娘の作品はエネルギッシュで好奇心旺盛な彼女そのものです。
かなり頑固なせいか、絵を描くときにもそれがよく顕れています。
上手く描けない時は号泣してしまうことも(汗)

これあげる、とよくプレゼントしてくれるんですがそれがとっても嬉しい(親ばか)。
最近ものすごく人間の顔を描くのが上手になってきました…( ˆ ˆ )♡

自分にとっても他人にとっても凄いもの。価値があるもの。
そんなものは天才か相当な努力家以外生み出せませんが、娘の好きなものが増えていく様子を見ているとどこか安心しますし嬉しいですね。
自分が自分であることを楽しんでいるように思えて。

どんどん自分の世界を作って、好きなものを探求していってほしい。

洗濯船で才能が開花し、詩人ギョームアポリネールの有名な詩、ミラボーでその恋が詠われた女性、パリのミューズとまで謳われたローランサン

彼女は経済的に自立した最初の女性芸術家といわれています。
私生児として産まれた彼女は学生時代成績も振るわずひたすら優美なものに恋い焦がれ、風変わりな不思議ちゃんと学友たちから揶揄されていましたが、心酔した【繊細、優美な芸術】を探求した結果、マリー・ローランサンの名が世界に知られることとなりました。

日本にもファンが多く、今は閉館したそうですが長野にはローランサンの美術館もあったし、いわさきちひろさんは彼女の影響を受けていますよね。(そんなローランサンの初期の作品はモディリアーニピカソセザンヌには影響を受けている。キュビズム(立体派)に傾倒していた時代も。)

この時代に女流画家として生きたのは困難だったでしょうが、芸術家という人種は表現せねば生きられないのでしょうね。

私は美しいものが好きなのよ〜。
現実なんかくそくらえよ!

というような、一種の狂気じみたものすら感じます。

今ハマっているという漫画に、舞台でしか生きられない生き物という台詞がありますが、彼女初め名だたる芸術家にも同じことが言えると思いました。

”描かねば、創らねば生きられない生き物”

あまりに美しく現実感の無い彼女の作品を見ていると、夢の中に紛れ込んでいるような気持ちになります。

私の、一番最初に夢中になった芸術家です。

彼女の絵の色彩が好き。
ローランサンといえば、パステルカラー、ペールトーン。
特に、グレーの使い方が美しいんですよね。
彼女をパリのミューズたらしめているものはここが大きいように思います。
色の組み合わせ方。

古い写真を見ているかのような、昔みた夢の世界のような。
彼女の作品に出てくる人物からは意志や生気を感じません。
どこか人形じみているというか…白痴的なものを感じます。

小学四年生の時に鹿児島の長島美術館(だったような)でローランサン展があったのですが、また来ないかなぁ。

あの時に母から買ってもらった



ヴァランティーヌのレプリカ、島に持ってきて部屋に飾っています。

八月に地元へ帰省することになったのでいろんな美術展を巡るのが楽しみで仕方ないです。


私の大好きなローランサンの言葉。

絵画は友だちのようなもの。
わたしはけっして、ひとりということがありませんでした。

ローランサンを想うたびに、つくづく自分の世界を持っている人は最強だと思うのです。