魔女旅に出る

可愛いトニー。

映画ブルックリンを観てから、主役の恋人を演じたエモリー・コーエンさんに夢中です。
ちなみに同い年らしい…。
あまりの夢中ぶりに遂にDVDも買いました。

中のエモリーさんというか、演じた役柄のトニーが素敵で可愛くて…気が付くと胸キュン(死語)していました。



初登場シーンでは終始ニヤニヤしているヤバい人…主人公のストーカー的立ち位置になるのかと危惧していましたが、あまりの一途さ可愛さに時が流れていくうちにすっかり母性本能が芽生えてしまいました。

彼は主人公が仕事を終えて帰ろうとするときに玄関の近くで待ち伏せていたりするわけですが、君は勉強や仕事で忙しいだろうから家へ歩いて帰るまでは一緒にいたいんだ、というようなことを言うのです。(※主人公は働きながら学校へ通っている)
これはトニーでなければ完全に只のストーカーとなるわけで…認知を歪めてしまうほどに彼は可愛い。
バスの中でやけにもじもじしながら、お願いがあるんだ、と尋ねられたら、もしやこいつ下心があるんか?と危険を察知するのが女という生き物ですが、可愛いトニーは自分の家族に会ってほしい、ということをお願いしているわけです。
可愛い…可愛すぎます、トニー!
また彼の表情やしぐさ、言い回しや間の取り方が絶妙なんですよね。
会話中に、彼女の反応が気になってチラチラ様子を伺っていたり…。
とっても真面目で働き者で、二人一緒にいる時の、彼女と会えて嬉しい!という幸福感ダダ漏れな笑顔や、優しい眼差しに胸キュン×1000なのです。
Forever トニー!

↑トニーの弟。生意気で可愛かった!

トニーの恋敵?になるアイルランドのおぼっちゃまジムはハリーポッターのロンのお兄ちゃんで有名なドーナル・グリーソンです。
彼が主役をつとめたアバウトタイムも大好きな映画の一つです。
オールマイティな演技が持ち味の俳優さんですよね。
いかにも温室育ちの秀才、というようなジムの役もしっかりハマっていました。


主役を演じる女性はつぐない、ラブリーボーン、グランドブダペストホテルで有名なシアーシャ・ローナン
彼女も本当にお姉さんになっていて自分も歳をとったものだよなぁとなんだか切なくなってしまいました。



つぐないやラブリーボーンの時は妖精と見紛うようなあどけない少女だったのに、気品のある大人の女性に成長しましたね。


ブルックリンで演じたエイリッシュという役柄にぴったりの賢そうな顔立ちをしています。
聡明なエイリッシュそのもの。
瞳の色が透き通るように美しいんですよね。
アクアマリンやモネの湖を彷彿とさせる美しさです。

彼女の、口元をきゅっと結んだ時の凛とした表情がとても好きです。
笑顔も柔らかくて可愛いですよね。

1950年代のレトロなファッションがとてもよく似合っていました。
最近はヴィンテージ風のファッションが人気なので、お洒落の参考になるような着こなしがたくさんあります。
職場の先輩のクラシカルなまとめ髪も可愛いなぁ…

いかにもアイルランドの村娘的ルック(ルームメイトに言わせれば牧場の女風)も可愛かったですが、


ホームシックを乗り越えてニューヨーク生活が楽しくなってきたあたりから、いかにも50年代!というファッションに変わるので目が離せません。






途中、敬虔なカトリックである下宿先の寮長さんと、ちょっと意地悪な先輩ルームメイトたちの会話が面白くて何回もプッとなりました。







内容の感想になりますが、生まれ故郷を離れ、生活している人にとっては痛いほどに主人公エイリッシュの気持ちが伝わるのではないでしょうか。
閉鎖的な田舎で一生を終えるなんてまっぴら御免!という思いで憧れの地、ニューヨークへ。
大変な苦労をしてやって来たのはいいけれど、見知らぬ地で、何もかも自分一人の力で開拓していかないといけない辛さや孤独。故郷へ残してきた大切な人達への想い。
自分は都会へ出て様々な刺激に触れ充実した生活を送っている…けれども田舎にいる母と姉はどうしてるだろうか?
素敵な恋人ができたことでホームシックを乗り越え生活が充実していきますがエイリッシュは若干の後ろめたさを感じていたのではないでしょうか。
来たばかりの頃は大都会ニューヨークにうまく馴染めず孤独感に苛まれ故郷へ帰りたいと泣き言を漏らしていましたが(元々エイリッシュは人付き合いが上手い方では無い)、人種のるつぼニューヨークならではの開放感や多様性、世界の最先端の場所にいるという幸せを感じることができます。
そういう類の幸せは彼女の生まれ故郷であるアイルランドではけして味わうことができないのです。
故郷へ戻れば知っている人ばかりという安心感がありますが、田舎ならではの醜聞や偏見、閉鎖性に嫌というほど振り回されたりもしてそりゃあもう大変です。
最終的にエイリッシュはニューヨークとアイルランド、どちらかを選ばざるを得ない状況に追い込まれます。
彼女の決断には賛否両論あるようですが、私にとってはあゝ良かったなぁ…というほのぼのとしたものでした。
DVD、色んな人に観せて意見を聞いてみたいなぁ。

それにしても観たい映画がいっぱいだ。

大好きなグザヴィエ・ドランの新作 たかが世界の終わり(愛しのレア・セドゥとリアル大天使のギャスパー・ウリエルが出演している!グザヴィエの代表作わたしはロランスにも出演したナタリー・バイがウリエルの母親役でなんと登場!)観たいし、リリー・ローズ・デップとナタリー・ポートマンが主演しているプラネタリウムも観たい。